一般社団法人三重県障がい者就農促進協議会

活動報告

 

ごあいさつ

近年、農業分野における障がい者就労が広がりつつあり、適性を理解し環境を整えることによって、太陽の下、緑に囲まれて生き生きと働く姿が見受けられるようになってきました。しかし、多くは、障がい者の家族や親族である農業者の取り組みであったり、福祉施設等の作業の一環であるのが現状です。
 
私たちは、農業分野において、障がい者が障がいの種類や程度に関係なく、その適性に応じた能力を発揮できる体制を整えることで、障がい者の社会的自立を実現し、ひいてはこれらの農業の担い手を育成することにつながると考えています。
 
そのためには、農業、福祉、教育、地域社会等における関係者がつながり知恵を出し合い、障がい者が働きやすい環境を整える必要があります。
 
協議会の取り組みとして、農家や農業経営体と就労を希望する障がい者との中間支援をする農業ジョブトレーナーを育成します。そして、農業ジョブトレーナーを活用して、障がい者の就労体験をコーディネートし、安定した雇用につなげます。さらに、これらの取り組みを積極的に情報発信することで、障がい者雇用への理解を広げ、障がい者が生き生きと働ける地域社会の実現を目指します。
 
代表理事   中野 和代
業務執行理事 前川 良文
業務執行理事 伊藤 良一
監査     井ノ口 輔胖

主な事業内容

農業ジョブトレーナーの育成

企業と障がい者をつなぐ人材である「ジョブコーチ」の農業版である「農業ジョブトレーナー」を育成します。そのため、農業分野で障がい者の職場適応の支援に必要となる知識やスキルを習得できる、養成・スキルアップ研修を実施します。
具体的な研修内容として、障がい特性の理解、農業の効能、障がい特性に配慮した農作業の指導方法、分かりやすく伝え理解を促す技術、障がい者雇用制度についての講義、ケーススタディ、支援計画の策定演習などを予定しています。
 

農業分野における障がい者の就労体験のコーディネート

農業分野で働いてみたいと考えている障がい者、障がい者に農作業を手伝ってもらいたい、障がい者雇用も進めてみたいと考えている農業者を募集し、雇用型の就労体験をコーディネートします。
就労体験には、農業ジョブトレーナーを派遣しますので、これまで障がい者と接する機会の少なかった方でも、受入の際の不安を感じることなく就労体験を実施頂けます。
就労体験で必要となる障がい者の賃金、農業ジョブトレーナーの派遣費用は、当協議会で負担します。
 

トレーナーの認証・派遣制度、障がい者支援プログラムの構築

上記の農業ジョブトレーナーのスキルアップ研修、就労体験をアセスメントしながら、トレーナー派遣の本格的運用を目指して、認証・派遣制度や、農業者・トレーナーのための障がい者支援マニュアルを、県と連携の上、構築します。
 

障がい者雇用拡大のための情報発信

農福連携に取り組んでいる福祉事業所・農業者・関係機関の皆さまのネットワークを築き、情報を共有するだけではなく、農福連携のますますの発展のため、さらなるネットワークの広がりを目指して、農福連携なら三重県!と言われるような、様々な情報を発信していきます。

会員募集のお知らせ

 
 

農業分野における障がい者雇用の支援体制

誰もが自分らしくイキイキと働ける場を「農業」で叶える。
公共の立場(国・県・市)からの支援のもと環境整備しています。
 

各団体の役割と活動

三重県障がい者就農促進協議会

農業経営体等と障がい者との支援を行政と一体となり行い、各地域の協議会へ情報提供および農園芸ジョブトレーナーの育成と活動支援などを行う。
 

三重県農林水福連携・障がい者雇用促進チーム

国と県の部局間で構成され、就農に関する情報共有・連携方法の協議・検討・事業推進を行う。

東海ブロック障がい者就農促進協議会

三重県・愛知県・岐阜県の農業経営体等と障がい者との支援を行政と一体となり行う。
 

名張市障害者アグリ雇用推進協議会および各地域協議会

三重県障がい者就農促進協議会との連携を取りながら農業経営体等と障がい者の実質的な活動を行う。

農業ジョブトレーナーとは

可能性を持った人と、発揮できる場所をつなぐサポーターです。

農園芸分野から…高齢化などの要因から、農園芸の担い手減少に伴う問題がある。福祉の分野から…働ける可能性がある人に、能力を生かす働き方の指導が求められる。この2つの立場をマッチングさせ、お互いの幸せをサポートするために生まれました。
ひと言で「障がい」と言っても、その特性は実に様々です。ジョブトレーナーはそういった特性や適性を理解したうえで、農業者のみなさん、福祉法人、NPO法人、行政のご担当者さまと就農の可能性を持った障がい者の方・そのご家族、すべての立場から考慮して、農園芸体験の実践や就労支援に従事し、その方の適性や環境にあった就農/ 雇用のサポートをさせていただきます。

 

 

農業ジョブトレーナーができること

 
*農業者、福祉法人、NPO法人、特別支援学校等に対して
●障がい特性と適性に配慮し、就労時間などの助言を行います。
●障がい者の方に付き添い、職務内容ついて助言を行います。
 
*上司、同僚の方に対して
●障がいへの理解を深めていただくためのご説明をいたします。
●円滑な作業のために、関わり方について助言させていただきます。
●指導方法や、向き合い方についていつでもご相談に応じます。
 
*障がい者のご家族に対して
●本人に合った作業や職場との出会いをお手伝いいたします。
●継続的に就農が行えるよう、ご家族の立場にたった助言を行います。
 
*障がい者に対して
●その仕事に慣れるまで付き添い、作業遂行できるよう助言します。
●職場内でコミュニケーションがとれるようにアドバイスを行います。
●体調管理や、生活面を整えるために、支援を行います。
 
上記内容を基本として細やかな対応を行い、農業者と障がい者それぞれが安心して笑顔で仕事に励めるように応援いたします。

 

Q & A

 

Q 1:障がい者を雇用するには不安があります。
どうすればうまくできますか?

A 1:障がい者との接し方が分からないという意見をよく聞きますが、特別な対応は必要ありません。自分の家族や友人らと話をするときのように、相手のことを尊重し真剣に話をすることが一番大切です。障がいの特性をお互いがわかり合うことが、すべてのスタートです。特別視せず、分からないことは率直に話し合えばきっとうまくいきます。

Q 2:私は花を育てるのが好きです。
でも、初めての就労で、自分にできるか心配です。

A 2 :花はきれいに咲き、私たちに安らぎを与えてくれますが、しゃべってはくれません。どんな気持ちで咲いているのか、私たちにはわかりません。でも、毎日、花のことを考え、見ていると、花の気持ちがだんだんわかってきます。水がほしいとか、栄養が足りないとか、話しかけてきます。どんな仕事でも、最初からベテランのような仕事ができる人はいません。まずは、体験研修などを行い、自分にできることから始めてみてください。農業ジョブトレーナーがお手伝いします。仕事を好きになり一生懸命やれば、きっと楽しいやりがいのある仕事になるでしょう。

メッセージ

 

 

三重県では、平成24年度から、農業の多様な担い手の確保や、障がい者の新たな就労の場の創出につながるよう、農福連携に取り組んできました。皆様の多大なご理解ご協力を賜り、現在では、500名以上の障がい者の方々が、農業で就労されるまでに至っています。
農業ジョブトレーナーの育成など、三重県障がい者就農促進協議会の今後の取り組みを通じて、農福連携に携わる全ての皆さまのネットワークが築かれ、地域・民間の皆さまの活力をベースとした全国に誇れる新たな農福連携モデルが展開されることにより、多くの方々が、農業でますますご活躍されますことを心から期待しています。

LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
 
LinkIcon
 
 
 

 一般社団法人  三重県障がい者就農促進協議会
〒514-0003 三重県津市桜橋2丁目142 三重県教育文化会館1F
TEL.059-253-4187 FAX.059-253-3359
E-mail mieshuno@dune.ocn.ne.jp